宮村音楽教室での
ちょっと素敵な体験談

VOICE生徒さん・保護者様の声

宮村音楽教室でレッスンを受けたみなさんの生の声です!
ちょっと素敵な話、役に立った話、嬉しかった話等の体験談をご紹介します♪

保護者さまの声

  • T.保護者さまより

    発表会が目前に迫った3月上旬、先生にピアノコンクールへの挑戦をご相談させて頂きました。
    一つのことに真剣に取り組む姿勢を学ぶこと、緊張状態にあっても普段の力を発揮できる力と積極性を養うことを目的に、2つピアノコンクールにチャレンジすることにしました。コンクールまでの4か月、週に1度の先生のご指導を受けて、毎日6曲の課題曲を練習する日々が続きました。
    ・曲の構成やそれぞれの音符、休符が持つ意味を考え、ひとつの音もおろそかにしない。
    ・フレーズを大きくとり、各声部をバランスよく歌わせる。
    ・音の響きの美しさを大切にし、自分の音楽をつくる。
    本当に、細部にわたってきめ細かくご指導いただきました。レッスンの横で娘が奏でる音楽を聴き、先生のご指導でこんなにも音楽が素晴らしくなるんだと感動してこともありました。
    家では、レッスンで教わったポイントを箇条書きにし、毎日確認しながら練習していました。コンクール間近かになると、自分で考えて声部を取り出し、「あー、そういうことか!」と気づくこともできました。コンクールは結果に一喜一憂しがちですが、コンクールに向けて細かいことをひとつずつ積み重ねるそのプロセスこそが重要だと思います。今回の経験は、これからの長い人生にも必ず役立ってくれると確信しています。
    先生本当にありがとうございました。これからも、ご指導よろしくお願いいたします。

  • T.保護者さまより

    今回、コンクールに挑戦したいと、こちらから先生にお願いをさせていただきました。
    発表会が終わってからのレッスンになるので、とても短いじかんの中で本当によく頑張っていました。「予選に通過して本選で次の曲も弾きたい!」という言葉を聞き本人の強さを感じたと同時に、ピアノが大好きな私はとても頼もしく嬉しく思い、私も真剣に娘と一緒に取り組みました。
    普段のレッスンとは少し違い、細かな部分の指導、フレーズの感じ方、音の出し方、細部にわたり指導していただきました。
    最後まで集中して弾く、あと先生に言われたことで「あなたが、こう弾きたいという思いがないとよい音楽は作れない」これはとても大切なことだなと思いました。先生の熱心な指導のおかげで曲がどんどん良いものに仕上がっていきました。最初と最後では全く違う曲に思えました。
    改めて、先生の指導の力は凄いなと感じました。
    今回コンクールを受けたことで、集中力がつき、音楽への取り組み方、努力した後に得た喜び達成感、本当に沢山の事を得ることが出来ました。
    娘も私も本当に充実した夏になりました。
    先生に沢山の感謝の気持ちで一杯です、ありがとうございました。

2016 トロフィー受賞者の声

グランプリトロフィー 受賞者

  • K.直也くん(高2)

    僕が長い間ピアノを続けることが出来た一番の秘訣は「細く長く」です。
    ピアノは好きで、趣味の感覚で弾きたい時に弾いて、ピアノを楽しむことができたので、ここまで長く続けてこれたのだと思います。
    小学校の卒業式で合唱の伴奏を弾かせていただきました。ピアノを続けて良かったと思った一番の思い出です。
    最後に両親と教えて下さった先生方にこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

    先生より

    ここまで続けてこれたのは本当に素晴らしいことです。グランプリ受賞おめでとう!!
    レッスンでは「最近どう?」とお話したり、弾き方や表現を考えたり直也くんとのレッスンはこちらも毎回楽しいです。
    勉強とピアノの両立は大変かと思いますが、これからも楽しんでピアノを続けてください。

優秀賞トロフィー 受賞者

  • I.永愛さん(中2)

    私が10年ピアノを続けられた大きな理由は、ピアノを楽しんで弾いていたことだと思います。いつも丁寧な指導をして下さった先生、このような楽しみを与えてくれ、ずっと支えてくれた家族にとても感謝しています。ピアノをしていなかったら多くの学びや経験はできなかったはずです。私はピアノや音楽が大好きです。音楽をして大変なこともあるけれど、それを通して得ることの方が大きいです。
    どんなことも好きになるまで一生懸命頑張ってください。私もこの10年で学んだことを活かして、これからも頑張ります。

    先生より

    優秀賞おめでとう!音楽が大好きなこと、演奏から伝わってきます。中学校では吹奏楽でファゴットを吹き、行事の時にはピアノ伴奏をしたりと、音楽を通して積極的に色んなことに取り組んでいる姿を見て、いつも感心しています。
    これからも音楽を心から楽しんで、音楽によって心が震える瞬間をたくさん経験してくださいね

  • K.優々菜さん(中2)

    私が10年以上ピアノを弾き続けて良かったと思うことは、学校の音楽会や合唱コンクールでピアノ伴奏を出来たことです。学校でクラスをまとめる学級委員など、責任感のある仕事に立候補するような性格じゃないので、ピアノ伴奏をすることでクラスのみんなの役に立ててるんじゃないかと思えるようになってすごく嬉しかったし、ピアノを続けて良かったと思います。
    これからも、ピアノの先生になれるように頑張って毎日練習を続けたいです。

    先生より

    自己主張が控えめで遠慮がちだったようですが、最近は自分の音に自信を持ち積極的な演奏が出来るようなったこと素晴らしいと思います。とてもまじめで日々の練習がよくされており意欲を感じます。バッハも一週間で完璧に弾けるようになってきましたよ。「夢はピアノの先生」一緒に頑張りましょう。

  • K.壮一郎くん(中1)

    ぼくは小学2年生からピアノを始めて、色々な事を経験しました。
    ピアノの発表会はもちろん、3年生では音楽会の伴奏者なども経験しました。
    ピアノのおかげで、授業でも積極的に発言できるようになりました。
    今まで続けてきて一番思ったことは、ピアノが上手になっただけではなく、たくさんのことを積極的に恥ずかしがらずにやろうと思うことができるようになったと思いました。
    この経験は一生自分の力になると思うので、この経験を1つ1つ大事にしてがんばりたいです。

    先生より
    ピアノを通して色々な貴重な経験がたくさん出来て、そしてピアノを続けてきたことで自分への自信へとつながっているとのこと。これほど嬉しいことはないです。
    これからも何事も乗り越えていけるはずです!継続優秀賞おめでとう!
  • S.恵さん(中3)

    私は全然練習をせずレッスンに行き、毎回のように先生に迷惑をかけていました。練習をすることがとても嫌いでした。けど、この10年の間でピアノが嫌いになったことは一度もありません。暇な時や、嫌なことがあった時はピアノを弾きます。私の生活にピアノは不可欠です。レッスンはいつまで続けられるかわからないけど、これからはなるべく先生に迷惑をかけず、ピアノを楽しみたいです!皆さんも日々の練習を積み重ねて、音楽のある生活を楽しんで下さい!

    先生より

    恵ちゃん、自分に厳しいですね!確かに、停滞期は一時期ありましたが(笑)小さい頃から一生懸命練習してきてくれていましたよ!恵ちゃんの演奏からは、ピアノが好き!という感情がストレートに伝わってくるので、私もいつも楽しんでレッスンさせてもらっています♪
    これからも、ピアノが恵ちゃんにとっての心の支え・癒しの存在であり続けてほしいというのが先生の願いです♪

  • T.希くん(小5)

    ピアノを長いことやっていたら、やめたいなと思ったこともありました。でも今はやっていてよかったなと思います。
    なぜなら、学校の授業などで音符がすぐ読めたり、鍵盤ハーモニカをひくときもすらすら弾けてうれしいからです。
    続けていたら色々いい事があるので、みんなにも途中であきらめないで頑張ってほしいです。

    先生より

    学校で鍵盤ハーモニカがスラスラ弾けたらうれしいですね。音楽の授業が、うれしい時間になっていてよかったです。音符も読めるようになったので、これからたくさんの曲にチャレンジしてくださいね。

  • T.佑理子さん(中1)

    ピアノの練習は、譜読みや表現、音の出し方など考えて弾くのがめんどうな時があります。でも、発表会や学校の文化祭で皆の前で上手に弾けた時は、何とも言えない達成感を得ることが出来ます。その感覚を味わいたくて、10年間ピアノを続ける事ができました。
    好きな曲をいつでもすらすら弾けるようになるまでピアノを続けて、一生楽しめる趣味にできたらいいなと思います。

    先生より

    中学生になり忙しくなった中よく頑張っています。とてもユニークで個性的な佑理子ちゃんです。その個性が活かされピアノ表現につながると、もっと上達できると思います。これからも楽しく続けて下さいね。

  • M.梓穏くん(小6)

     7年間、ありがとうございました。
    この7年間ピアノを習っていることで、周りの人から「すごい」と言われ、いい気分になりました。ピアノを続けることで、手首が柔らかくなったり、暗譜をすることによって記憶が良くなりました。
    まだ小さい生徒さんは、今が大事なので、今しっかりピアノをして色々な事に生かしてください。
    この教室では、ボランティアやいろいろな人との交流など、普段できない体験ができました。こういう体験は、自分からしたいと思いすることが大事です。
    小さい生徒さんは、ピアノをこれからも頑張ってください。

    先生より

    男の子は苦手分野の音楽で、すごいといわれるのはとくにうれしいですね。ボランティアも毎年がんばってくれましたね。募金の呼びかけや、老人ホームでの交流はなかなか一人では体験できないことです。みんながいるからできたことですね。
    したい、という気持ちが育ってくれていてうれしいです。

  • M.陸斗くん(小6)

    役にたった話は、ピアノを習っていると、頭をいっぱい使うので学校や塾で、すぐに集中できたり、テストでいい点をとれるようになった事です。
    だから、まだ小さい生徒さんも、ピアノをはじめたばかりの生徒さんも、もっともっとピアノを続けてほしいです。
    7年間も続けられて自分でも驚いていますが、目指していたトロフィーを、もらう事ができてとてもうれしいです。

    先生より

    ピアノのレッスンは脳の発達にとてもいいんですよ。両手を使いながら、目を使って、耳もつかうので、脳はフル回転です。長さを数えたりするので、算数にも強くなるようです。
    塾でいい点がとれるなんてすごいですね。

  • M.真弘くん(中1)

    僕がピアノを始めて7年継続できたのは理由があります。それは、ピアノを弾くことが楽しく感じられるようになったからです。
    ピアノを弾くと、楽しくなったりして、自分の気持ちがすっきりとします。これからもっとピアノを続けたいと思う人はピアノを弾く時を楽しんでいたら長い間続けられると思います。

    先生より

    先生が教えたいことが伝わっていてうれしいです。上手に弾けなくても、ピアノを弾いたら楽しくなったり、自分の気持ちがスッキリしたり・・・ピアノが、将来にわたって生活の楽しみになったり、弾けることが個性になってほしいな、といつもねがってレッスンしているんですよ。長くつづける秘訣は、練習する時間は、嫌々と思わないで気持ちを楽しく!ですね。先生もそう思います。

  • M.賢広くん(小5)

    僕がピアノを習い始めた理由は、兄がピアノを習っていて楽しそうだったからです。習い始める前は不安だったけれど、今は全く不安はありません。心配しなくてもよかったと思いました。
    ピアノを習ってよかったことは、学校で「鍵盤ハーモニカが上手だね」とほめられたり、歌のテストがいつも合格する事です。楽譜もみんなより読めます。音楽以外の事では、あいさつがきちんとできるようになった事です。僕は野球も習っていて「あいさつは大人になってもするからとても大切なことだ」と教えられました。僕は、ピアノで幼稚園のころからあいさつを教えてもらったので、あいさつが自然にできます。
    みなさんも、頑張ってピアノを続けて下さい。

    先生より

    音楽のテストでいつも合格できるのはうれしいですね。楽譜も読めるようになったので、音楽も野球も両方楽しんでくださいね。

このページのトップへ