宮村音楽教室での
ちょっと素敵な体験談

VOICE生徒さん・保護者様の声

宮村音楽教室でレッスンを受けたみなさんの生の声です!
ちょっと素敵な話、役に立った話、嬉しかった話等の体験談をご紹介します♪

保護者さまの声

  • T. 保護者さまより

    発表会が目前に迫った3月上旬、先生にピアノコンクールへの挑戦をご相談させて頂きました。
    一つのことに真剣に取り組む姿勢を学ぶこと、緊張状態にあっても普段の力を発揮できる力と積極性を養うことを目的に、2つピアノコンクールにチャレンジすることにしました。コンクールまでの4か月、週に1度の先生のご指導を受けて、毎日6曲の課題曲を練習する日々が続きました。
    ・曲の構成やそれぞれの音符、休符が持つ意味を考え、ひとつの音もおろそかにしない。
    ・フレーズを大きくとり、各声部をバランスよく歌わせる。
    ・音の響きの美しさを大切にし、自分の音楽をつくる。
    本当に、細部にわたってきめ細かくご指導いただきました。レッスンの横で娘が奏でる音楽を聴き、先生のご指導でこんなにも音楽が素晴らしくなるんだと感動してこともありました。
    家では、レッスンで教わったポイントを箇条書きにし、毎日確認しながら練習していました。コンクール間近かになると、自分で考えて声部を取り出し、「あー、そういうことか!」と気づくこともできました。コンクールは結果に一喜一憂しがちですが、コンクールに向けて細かいことをひとつずつ積み重ねるそのプロセスこそが重要だと思います。今回の経験は、これからの長い人生にも必ず役立ってくれると確信しています。
    先生本当にありがとうございました。これからも、ご指導よろしくお願いいたします。

  • T. 保護者さまより

    今回、コンクールに挑戦したいと、こちらから先生にお願いをさせていただきました。
    発表会が終わってからのレッスンになるので、とても短いじかんの中で本当によく頑張っていました。「予選に通過して本選で次の曲も弾きたい!」という言葉を聞き本人の強さを感じたと同時に、ピアノが大好きな私はとても頼もしく嬉しく思い、私も真剣に娘と一緒に取り組みました。
    普段のレッスンとは少し違い、細かな部分の指導、フレーズの感じ方、音の出し方、細部にわたり指導していただきました。
    最後まで集中して弾く、あと先生に言われたことで「あなたが、こう弾きたいという思いがないとよい音楽は作れない」これはとても大切なことだなと思いました。先生の熱心な指導のおかげで曲がどんどん良いものに仕上がっていきました。最初と最後では全く違う曲に思えました。
    改めて、先生の指導の力は凄いなと感じました。
    今回コンクールを受けたことで、集中力がつき、音楽への取り組み方、努力した後に得た喜び達成感、本当に沢山の事を得ることが出来ました。
    娘も私も本当に充実した夏になりました。
    先生に沢山の感謝の気持ちで一杯です、ありがとうございました。

2021 トロフィー受賞者の声

  • T. 新くん(中1)

    年長から今までピアノを習ってきました。継続してよかったことは3つあります。
    まず一つ目は昔は弾けなかった曲が今は弾ける事です。2つ目は上手にピアノを弾けた時が一番楽しいです。3つ目はピアノを弾けるという事が自分の自信になるからです。
    中学生になり引越し遠くなりますが、宮村先生これからも宜しくお願い致します。

  • H. 日菜ちゃん(中3)

    ピアノを習い始めて10年間本当にあっという間だったと思います。譜読みがなかなか出来なかったり、思うように弾けなかったりして大変な時もたくさんあります。だけど上手に弾けるようになった時はすごくうれしいし、新しい曲を弾く時はいつもワクワクします。
    10年間ピアノを続けてこれて本当に良かったと思っています。そしてこれからも色んな曲を弾いていきたいです。

  • O. 真之くん(小5)

    ぼくが7年間もピアノを続けてこれた理由(方法)は、「コツコツと」です。年中の時から宮村音楽教室に通いはじめ最初はキーボードの前でしっかり立つことから始まりました。ですが、今のぼくが難しい曲をこなせています。なぜか、それは「コツコツと」やってきたからです。その日のやる時間を決め、しんどかったら30分程度にし、なにがあろうとそこで終わります。それがぼくの言う「コツコツと」です。みなさんもがんばってためしてみてください。
    最後にピアノを教えてくださっているピアノの先生たち、ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

  • I. 沙菜ちゃん(中1)

    毎日練習するのは簡単ではありませんでしたが、日に日に難しい曲が弾けるようになって、とても嬉しかったです。私が知っている曲を弾けた時は、もっとピアノを練習したいと思いました。

  • U. 敦大くん(小5)

    3歳ぐらいからピアノを始めました。僕はピアノをやっていてよかったと思います。なぜかというと自分の弾きたい曲や好きな曲が弾けたりして楽しいからです。これからも練習をして弾ける曲を増やしていきたいです。

  • Y. 純輝くん(小5)

    僕はピアノをしていて緊張することがなくなりました。なぜなら、ピアノの発表会で人前に出るから、なれて緊張しなくなったからです。それから自分が弾きたい曲が弾けて楽しかったです。
    これからもピアノを弾き続けたいです。

  • N. 南美ちゃん(中1)

    私は、3歳くらいからピアノをやってきてもう10年もやっているんだなと改めて実感しました。正直ピアノはそんなにうまくないし、毎日やりたいってほど好きじゃないけど、ピアノをやっているのと、ないのでは全然ちがうくて、できることがいっぱい増えると私は思います。やめたいと思ったことはめっちゃあったけどまだ続けてて、周りの人からも「すごい!」と言われます。ピアノの先生やピアニストになりたいわけじゃないけど、将来何かに役立つことがきっとあると思うので、これからもがんばって続けようと思います。

  • M. 真鈴ちゃん(中1)

    ピアノをして10年、とても楽しかったです。
    今までピアノを続けてこれたのは、家族・先生方のおかげです。感謝しています。
    中学生になって小学校の時とは違って部活に入り忙しくなり、全然家で練習もできていないけど、ピアノに行くだけでもとても楽しいです。これからも頑張って続けたいと思います。

  • M. 咲恵ちゃん(中2)

    今までの10年間の中で、「ピアノを習っていて良かった」と思う瞬間がたくさんありました。
    その中でも私にとって一番大きかったことは、学校の合唱コンクールで伴奏をしたことです。最初はとても不安だったけれど、歌と合わせる前からその楽譜をピアノのレッスンの時に持っていって先生に教えてもらって練習をしていたので、合唱練習の時からしっかりと弾くことができました。クラスの人から「音楽の先生より上手やん」と言われたのがとてもうれしかったです。その合唱コンクールでは見事に私のクラスが優勝しました。ピアノを習っていなかったらこんな事はできなかったと思います。
    それから、私はピアノを弾いている時間が本当に大好きです。これからも勉強と両立して、高校生になっても続けたいです。

  • M. 彩葉ちゃん(中2)

    私は10年間ピアノを続けてきてやめたいなどと思ったことは一度もありませんでした。日に日に上達し、10年前の自分では考えられないようなレベルの曲が弾けるようになりました。
    ここまで続けられるのは、いつも優しく楽しくレッスンをしてくれている先生でもあり、親のおかげでもあると思います。今まで習ってきたことをいかして、これからもピアノを弾き続けていこうと思います。

このページのトップへ