子供たちへの愛情と
音楽に対する情熱を持って

EVENTイベント

2018年3月18日 「みんなで行こうコンサート」スーパーキッズオーケストラ

「みんなで行こうコンサート」スーパーキッズオーケストラ

2018年3月18日(日) 東リいたみホール

2018年3月18日(日)いたみホールにて、スーパーキッズオーケストラ(SKO)の演奏を聴きに行きました。主催は国際ソロプチミスト伊丹さんで、はじめに伊丹市長のご挨拶等がありいつものコンサートとは少し違った雰囲気でした。伊丹市は芸術方面にも力を入れていて、市民の皆さんに今回のような無料で聴けるのコンサートの開催をこれからもしていきたいということでした。

オープニングはホルスト作曲「セント・ポール組曲」より第一楽章で、SKOの技術の高さに圧倒され、続いてのチャイコフスキー作曲「アンダンテ・カンタービレ」では、速く勢いのある曲だけでなく、ゆったりした音楽的な表現を必要とする曲も得意だとうったえるような、対照的な2曲を楽しめました。
3曲目は、メンバーの高1の女の子のバイオリンソロの演奏で(バッハ作曲、無伴奏バイオリンソナタ第1番)音色の美しさに会場中が酔いしれました!

4曲目を楽しみにしていたところ、指揮者体験コーナーが始まりました。『やってみたい人、手を挙げて下さい』との指揮者の加藤先生の声かけに、山手台教室の生徒さんご姉弟がすかさず手を挙げ、指揮者体験に選ばれアイネクライネナハトムジークを上手に指揮できていました。5曲目はモーツァルト作曲ディベルトメントK.136第1楽章で、楽しく軽快な気分で前半は終了となりました。

休憩を挟んで後半は、少し気軽なプログラムで、映画「ニューシネマパラダイス」「メリー・ウィドウメドレー」会場の皆で歌える「幸せなら手をたたこう」「花は咲く」、最後は、バッハ作曲「シャコンヌ」で締めくくられました。
アンコールも2曲あり、曲にあわせてSKOのメンバーが立ったり座ったり揺れたりの、目でも楽しいステージで、会場中大盛り上がりで大満足の2時間でした!

恒例のロビーでの記念撮影!

RECENT POST

このページのトップへ